太陽光発電を導入する前の注意点にピントを合わせよう
ロゴ

太陽光発電の基礎を知って上手に役立てることが大切

太陽光発電を導入する前の注意点にピントを合わせよう

屋根

機能を上手く使う

数ある太陽光発電の多くは、自立運動機能という機能がつけられています。災害時の停電で、この機能が作動すると溜めていた電力が流れてくるので、電化製品が使えるわけです。しかし、太陽のエネルギーを貯蓄するのは昼間。あくまで日差しが出ている時のみなので、夜間はロウソクや懐中電灯が必須となります。

非常時に用意しておくものを知ろう

停電した時に太陽光発電に備わっている保護装置が作動し、自動的に太陽光発電の動きが停止します。この時に切り替えスイッチを押して自立運転モードにすると、電気の供給を受けることが可能です。太陽光発電を設置した場所から遠いなら、延長コードを使って電気を使いたい場所にもっていくと使用可能です。

使えるワット数を把握する

電気が使えるといっても、非常時に供給できるワット数は1000から1500と限られています。中でも炊飯器や、アイロン、洗濯機などは非常に多くの電気をくいます。ちなみに、スマホや携帯電話の充電に使われるワット数は5ぐらいなので、他の電化製品を使う時の邪魔になりません。いずれにしても、使えるワット数を超えることがないよう気を付けるべきでしょう。

使える電化製品を予め確認する

災害に備えるための設置なら、福岡で太陽光発電を設置する時に停電した時どのタイプの家電が使えるのかを確認する必要があるでしょう。また設置した際も、自立運動機能がきちんと作動するかの確認や太陽の当たり具合をチェックしてから設置すれば、1500ワットの確保は十分可能です。